入会のご案内

About us

日本木造分譲住宅協会について

木造分譲住宅で、サステナブルな社会を実現するために。

日本木造分譲住宅協会は、2021年4月、三栄建築設計、オープンハウス、ケイアイスター不動産の分譲住宅メーカー3社が手を組み、日本の森林問題・環境問題を国産材の利用を通じて解決する目的で立ち上げた一般社団法人です。

国産材の使用率を上げ、使った量を植林して脱炭素社会を目指す取り組みとしてスタートしました。

国産木材を「伐る」「使う」「植える」「育てる」持続的・発展的サイクルの確立と、国産木材利用促進の支援を行うことにより、木造分譲住宅の価値向上の実現と環境問題を解決することが当協会の最大の目的です。

協会の目的

木造分譲住宅の発展

高品質で安心して住める木造住宅の普及及び木造分譲住宅業界の健全な発展に資すること。

環境保全の推進

木造分譲住宅における国産木材の利用を促進することで、国内の森林が持つ、多面的機能(温室効果ガス削減、水源涵養及び生物多様性の保全)の維持回復に資すること。